一般社団法人
日本予防医学マイスター協会
Japan Preventive medical Meister Association (JPMA)

一般社団法人日本予防医学マイスター協会 設立の意図

ミッション
日本の死因の第一位が老衰死になり、健康寿命が伸びるために、「予防医学は価値ある生き方」を普及させ、正しい食習慣、栄養摂取習慣を身に付けられるようにカウンセリングをし、人々がより豊かになるための力となります。

ビジョン
日本の健康社会をリードする予防医学士、予防医学マイスターのプロフェッショナルチームとなり、出会った方に一人でも多く「健康であり続ける」という人生で最高の財産を提供することです。

協会代表者
坂田 武士

協会概要
名 称  一般社団法人 日本予防医学マイスター協会
設 立  2019年10月
所在地    
〒160-0023 東京都新宿区西新宿6-20-7
電話番号 03-5323-8160

事業内容 以下の資格認定及び、資格取得の為のプログラムの提供を行っております。
予防医学士、予防医学マイスター、オプティマムファスティングマイスター、協会認定講師

データで見る【健康寿命】の大切さ
★約20年後の日本はシニア大国へ
これから20年後の日本は、間違いなくシニア大国となっています。以下の人口ピラミッドを見て頂くと、団塊ジュニアの層が70歳に差し掛かり、「前期老年」がピークを迎えます。

出典:「日本の将来推計人口(平成29年推計)」(国立社会保障・人口問題研究所) http://www.ipss.go.jp/pp-zenkoku/j/zenkoku2017/pp_zenkoku2017.asp

★社会保障給付金がマックスへ
医療費が増加する主な原因は75歳以上の後期高齢者の医療費の増加。75歳以上の後期高齢者の1人当たり医療費は94万円にも上る。高齢化の進む日本では、今後も医療費の増加が予測される。2040年には67兆円になるとの予測もあります。

日本の医療費を削減するには、入院費を抑える必要があり、その為には、【健康寿命】をできるだけ延ばすことが重要になってきます。

私達が目指す生き方

オプティマムヘルス

  • 最適、最善、最高な健康
  • 年齢を重ねながら常にベストな健康状態を保つ
  • 生涯、健康で若々しく、自立した生活
  • 全体の8%の老衰死を目指す
  • 予防医学の習慣化

登録商標について

予防医学マイスター®、オプティマムファスティング® は登録商標となります。
「予防医学士」については2020年に商標登録を取得しております。

日本予防医学マイスター協会は、株式会社サム・ライフ代表の坂田 武士が中核となり、2019年10月に立ち上げた協会であり、株式会社サム・ライフの坂田が日本予防医学マイスター協会の初代代表を務めております。

ご留意頂けますと幸いです。