INTERVIEW

自分が影響する、他と響きあう
成長がそこにある。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. 若い頃より今の肌が一番安定しています。不定愁訴の原因は自分で作り、自分で改善できるということも理解できるようになりました。

予防医学士プログラム卒業生インタビュー
菊池 恵利子

若い頃より今の肌が一番安定しています。不定愁訴の原因は自分で作り、自分で改善できるということも理解できるようになりました。

具体的な体質改善や肌質改善の結果
予防医学に出会う前、私が特に悩んでいた不調は痒みを伴う蕁麻疹、そして偏頭痛でした。症状が出ればすぐに薬を飲み、とりあえず落ち着いていたのでストレスや疲れのせいにして根本的改善ができると思っていませんでした。また、風邪も引きやすく、3年連続で年末インフルエンザに感染したこともあります(笑)

 今では自分に不足していた栄養素を取り入れ、食事が変わり、意識が変わり、薬習慣を手放すことができました。風邪もしばらくひいていません。相乗効果で不安定だった肌トラブルも減り、若い頃より今の肌が一番安定しています。不定愁訴の原因は自分で作り、自分で改善できるということも理解できるようになりました。
予防医学士プログラムの感想
以前の私は、ネットの情報量が多すぎて何が正しいのか分からず、半信半疑で試して結果特に変わらず、、ということが多かったです。そんな中認定講師の里奈先生との出会いから予防医学士プログラムの存在を知りました。

 栄養素の正しい知識を学べるだけでなく、自分自身の身体と向き合い、価値観が大きく変わった9ヶ月間でした。【食べたもので身体は作られる】この言葉を強く実感しています。身体の変化は日々ありますが、今の自分に足りない栄養素は何か改めて調べたり、分からないことを相談できる場所があることはとても心強いです。
今後の人生にどのように活かしていきたいですか?
学んだことを実践し、身体の不調を改善できたことは自分の自信にも繋がりました。予防医学の知識は知れば知る程面白く、日々勉強中ですが、まずは身近な大切な人達、家族や友人が不調に悩んでいたら力になりたいと思っています。そしてより多くの人を健康で笑顔にできるよう、お手伝いをすることが目標です。
受講卒業期
予防医学士プログラム受講期 : 16期