[インタビュー] 細川真利

予防医学士プログラム受講期:2019年16期
予防医学マイスター受講期 :2020年 5期

質問1
なぜ、予防医学マイスター講座を受けようと思ったのでしょうか?

今まで沢山の方のダイエットカウンセリングをしてきましたが、詳しくカウンセリングを学んだことがありませんでした。「この人の力になりたい!」と思っていても、どうにもならないことや悔しい思いをしてきたことが多々ありました。自分のカウンセリング方法が正しいものなのか、お客様に響いているのか疑問を感じ、プロの元で1から学ばなければならないと思い講座を受講させていただきました。

質問2
受講中に気づいたこと印象的だったことはどんなことでしょうか?

予防医学士プログラム受講中の坂田講師との月一回のカウンセリング時から感じていたことが「居心地の良さ」でした。それは、予防医学マイスターでの講座でも変わりはなく不安や悩みなど色んなことを、ついつい話してしまうような空間でした。

「この場では何を話しても受け入れてくれる!」そう思えるような場所で頭で勉強するだけではなく、講師の方々と接することが教材の内容・学びであり自分自身が感じていた「居心地よさ!」がカウンセリングに必要で大切なことなのだと気付かせていただきました。

質問3
認定を受けて予防医学マイスターとなり、何が変わりましたか?

一言でいうと、自信がつきました。
人の心を掴む・人の心を動かすカウンセリングの流れがあり、カウンセラーとしての考え方・心構えがある。身体のメカニズムの原理原則をしっかりと学べたことが自分自身の大きな自信へと繋がりました。
お客様にとって一番良い提案をすることを心掛けることができるようになったことでカウンセリング成約率もアップし、お客様も積極的に取り組んで下さいます。人の心を動かせるのは人なんだと確信できました。

今後は、機械的ではなく人間味ある予防医学マイスターとして出会った方達の未来が輝かしく楽しくなるお手伝いを、健康やダイエットを通じてサポートしていきたいと思います。

Follow me!