花粉症をのりきるための食事対策と栄養学  坂田武士

〜薬剤師の観点からの花粉症対策〜

今や5人に1人の国民病となった花粉症は、2月初旬から3月がピークとなりますが、1年を通じた食生活の見直しで、根本的な体質改善をし、辛い症状を軽減していきましょう。花粉症の主な症状には、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみや充血などがあります。鼻づまりがひどくなると、口呼吸になり、喉の痛みや不眠、注意力散漫など生活に支障をきたすこともあります。花粉症などのアレルギー体質は遺伝すると言われていますが、食生活(栄養バランス)や腸内環境、生活習慣、ストレスなども増悪因子とされています。

花粉症をのりきるための食事対策と栄養学で重要なことは、免疫機能を調え、アレルギー症状を防ぐ栄養素を積極的に摂取し、バランスの摂れた食事をすることです。①免疫機能を調える:青魚に多く含まれるEPA、DHAや、カツオやマグロに多く含まれるビタミンB6には、免疫機能を正常に維持する働きがあり、不足するとアレルギー症状が出やすくなります。②アレルギー症状を抑える:果物や野菜に多く含まれるビタミンCや、緑黄色野菜に多く含まれるビタミンAには、抗酸化作用があり活性酸素による炎症やかゆみを軽減してくれます。さらにビタミンAには、のど、鼻、消化管などの粘膜を正常に保つ働きをするため、免疫力を高めることにも役立っています。③腸内環境を調える:乳酸菌の一種であるビフィズス菌はアレルギー症状緩和に不可欠なビタミンB6を含むビタミンB群を合成する働きがあります。また、ワカメやこんにゃく、果物や野菜、きのこに含まれる水溶性の食物繊維は腸内細菌の発酵を受けやすく、乳酸菌などの有益菌を増やして腸内環境を改善します。さらに、きのこに含まれる糖質の一種であるβグルカンは、腸管内において免疫機能を刺激し免疫力を正常化すると考えられています。その他、きのこに含まれる栄養素として免疫機能の向上に関与するものがビタミンDです。免疫機能を調整し、感染のリスクを下げる効果が期待できます。

セルフケアでは、花粉を自分自身に寄せ付けず症状を悪化させる状況を改善することにつきます。外出時はマスクをつけ、花粉のつきにくい服装を意識し、帰宅時には衣服についた花粉をよく落としてから部屋に入ることをお勧めします。さらに、鼻うがいを行うことで、花粉を鼻から出すだけでなく、鼻の乾燥の防止や、鼻の粘膜の細胞を活性化させ鼻水の通りをよくすることなどが挙げられます。

以上、短期のケアを心がけるのではなく1年中通しての体質改善をすることで、花粉症の症状が年々軽減していき、残りの人生をストレスなく過ごせる事を願います。

Follow me!