自分にあった栄養補助食品を選ぶ方法 その1  坂田武士

私たちの身体は、食べたもので作られています。健やかさのほか、若さや美しさのベースも食べ物ですので、栄養補助食品を選ぶ前に、まずは食事の内容を見直すことが先決です。自分が毎日何を口に入れているのか、1ヶ月分の食事、飲み物、間食の記録を書いてみましょう。食事は毎回「体質改善のチャンス」ととらえます。1日3回の食事は、1ヶ月で90回、1年間で約1000回、若く美しく健康になるチャンスがあるという事です。1つ目のポイントは、自炊率です。1ヶ月90回のうち、自分で調理したのは何回くらいですか。2つ目のポイントは、食材の選び方です。質の高い野菜、肉、魚、穀物、調味料をどれくらい選んでいるでしょうか。3つ目のポイントは、献立です。どれくらいバランスのとれた献立になっていますか。

以上の点を踏まえて、客観的に自分の現状を把握してみましょう。とはいえ、現代は忙しいため、毎回食事内容にこだわっていられないという人も多いかと思います。また、昔と比べて野菜などの栄養価も著しく落ちているので、栄養補助食品を活用することも、身体のためには重要なファクターになってきます。しかし、その前に意識していただきたいのは私たちは日々、「不健康栄養補助食品」を多量に摂取している、という事実です。不健康栄養補助食品とは、質の悪い糖質や脂質で調製・加工・製造された食品のことです。ほぼ100%の日本人が摂取しているお菓子や甘い飲料、ファストフード、コンビニエンスストアで購入できるものがこれにあたります。

この不健康栄養補助食品を減らすだけでも、体調は違ってきますし、無駄な出費も減って、お財布も健康になるというわけです。その上で、食事では摂取しきれない、自分に必要な栄養素を補助食品で摂取すれば良いでしょう。選ぶ時は、「効果」と「安全性」と「経済性」を考えます。「効果」とは、原材料と含有量です。1日の摂取量で栄養素が何mg摂取できるのか。野菜や肉や魚に換算するとどれくらいなのか。食事+栄養補助食品の合計が1日の摂取基準を越えない限り、ただの気休めになってしまいます。「安全性」とは、可能な限り原料が安全な天然素材からの抽出物であること。「経済性」とは、食事や食品のコストは一生涯にわたってかかるため、短期ではなく長期的に自分に健康投資できる金額を設定することです。

目安として、1ヶ月の収入の5〜10%を健康・予防費に充てると良いでしょう。健康情報やサービスは、日々、多様化しています。選択肢が増えるのは良いことですが、その質にも雲泥の差があるので、自分の健康法を何となく選んではいけません。時間やお金の自己投資は間違えると取り返しがつかないので、自分の目でしっかりと見極めることが大切です。

*健康・予防費:食事や栄養補助食品、運動やストレス対策など、健康増進のために使用する費用

Follow me!