自律神経を整えて免疫力をアップさせる方法  坂田武士

私たち人間は、細菌やウイルスと長く共存していますが、それでも全ての人が病気にならないのは有害な物質を退治する免疫が体内で働いてくれているからです。新型コロナウイルスも例外ではなく、有効なワクチンや特効薬が見つかっていない現状では、人間の免疫で対抗するしかないのが現実です。この免疫機能が体内で最大限発揮するために大切なのが、「自律神経がバランスよく働いている」ということです。自律神経には、日中活動している時に優位になり、汗を出したり心臓の鼓動を早めたりする「交感神経」と、夜間リラックスする時に優位になり、内臓の動きを高めたりメンテナンスを行う「副交感神経」の2つがあります。例えば、睡眠時間が少なく、強いストレスや過剰な労働によって緊張状態が続いた場合、「交感神経」がずっと優位な状態となってしまい自律神経のバランスが崩れてしまうことになります。自律神経が乱れると免疫の制御がうまくいかなくなり、ウイルスへの抵抗力が下がり、結果的に病気にかかりやすくなってしまいます。

免疫を上げる5つのポイント

バランスの良い食事を摂る・・・免疫維持のためには、良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルを豊富に摂ることが重要です。外食や加工食品は、糖質や脂質が多くなりがちですので、魚・大豆・野菜を中心とした和食にするのが良いです。

良質な睡眠をとる・・・早寝早起き病知らずという通り、規則正しい生活習慣と良質な睡眠は自律神経のバランスを整え、免疫力を向上させます。

適度な運動・・・ステイホームで外出する機会が減っているかと思いますが、1日24時間の1%程度(約15分)でも、太陽に当たり軽く運動することが免疫の維持には大切です。

複式深呼吸・・・横隔膜を大きく動かす深呼吸は、肺の機能を高め、自律神経を整えて免疫力を上げる作用があります。「ゆっくり鼻から大きく吸って、十分吸いきったら呼吸を1秒から2秒止めて、出来るだけ長くゆっくり口から吐く」を5回繰り返してみましょう。

笑顔・・・笑うことで、脳から副交感神経を優位にする神経伝達物質が出て、免疫機能を正常にする作用があります。また、体内の免疫細胞の一つであるNK細胞を活性化させることができ、免疫力の向上が期待できます。

多くの方が免疫力を向上させる生活習慣を身につけ、1日でも早く日常の安心した生活が送れる社会になることを祈るばかりです。

Follow me!